VR - ページ 2

ニュースキュレーション

CES 2017:いよいよ人工知能(AI)、自動運転、VRをめぐる多産業での競争が激化

毎年、年初に米国ラスベガスで開催されている国際家電展示会であるCESに関し、いくつものレポート記事が上がっている。下記のニュースソースではその一部を紹介している。 今年のアプリケーションレイヤーにおける大きなトレンドは予想したとおり、「人工…[もっと読む]
ニュースキュレーション

2016年はIT第二幕のプロローグ―お楽しみはこれからだ

この数年間、情報通信技術の分野では、小型化や速度向上などは繰り返し行われてきたが、これまでとは何かがはっきりと変わる「イノベーティブ=革新的」なできごとは少なくなっていた。しかし、2016年には革新的な技術の進化があった。そして、これらの技…[もっと読む]
ニュースキュレーション

VRは標準化や業界団体設立など、協調の動きが加速

VR分野の業界団体Global Virtual Reality Association(GVRA)の設立発表されたと報じられている。参加企業はヘッドセットメーカー6社(エイサー、グーグル、HTC、フェースブック傘下のオキュラス、サムスン、ソ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

VRコンテンツをもう体験した?本格化する配信ビジネス

VR(仮想現実)を使ったコンテンツ配信が活況だ。12月9日(金)には、今年アーティスト活動を再開し、8年半ぶりとなるアルバム『Fantôme』を発売した宇多田ヒカルさんが3DVRによる中継を行った。それ以外にも、コロプラの子会社であるコンテ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

5GやIoTなど、無線通信技術の開発状況を大手通信各社が発表

11月半ばに開催されたNTTドコモの技術展示会「DOCOMO R&D Open House 2016」では5Gの無線技術の開発状況が披露されたことが報じられている。ポイントとなるのはMassive MIMO(マッシブMIMO:多数の…[もっと読む]
ニュースキュレーション

もう“遊び”だけじゃない!確認されつつあるVRの有用性

顔の半分を覆い隠すようなゴーグルを装着し、傍から見ると怪しげな様子になるバーチャルリアリティ(VR)だが、その有用性はゲームのユーザーインターフェイスとしてだけではなく、さまざまな分野で確認されつつあるようだ。今週、各メディアで報じられたV…[もっと読む]
ニュースキュレーション

VRコンテンツのワイヤレス配信が現実に―“ながらVR”も時間の問題?

専用ゴーグル向けVR(仮想現実)コンテンツの配信が始まろうとしている。一般的に、VRのコンテンツはデータ量が多く、従来の動画よりもサーバー、回線、端末機器に対する負荷が大きいとされてきた。今週報じられている記事で、歌手の宇多田ヒカルさんが三…[もっと読む]
ニュースキュレーション

産業向けソリューションとして立ち上がるMR

日本マイクロソフト株式会社が自己完結型ホログラフィックコンピュータ「Microsoft HoloLens」を日本の開発者、および法人向けに提供することを決定したと発表した。HoloLensは現実に見えている世界と、3Dのホログラムの世界を融…[もっと読む]
ニュースキュレーション

ソフトバンクが10兆円規模のファンドを設立

ソフトバンクグループが10兆円規模のファンドを設立し、テクノロジー分野への投資を行うことが報じられている。すでに、サウジアラビア王国の政府系投資ファンド、複数のグローバルな大手投資家たちと協議中でだということだ。 グループ代表の孫正義氏は一…[もっと読む]
ニュースキュレーション

CEATEC特集(2):ロボットは要素技術を説明するためのインターフェース

2016年10月4日〜7日まで、エレクトロニクスの総合展示会CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)が千葉県幕張メッセで開催された。先週に続き、各媒体ともにこの展示会に関する記事が数多く掲載されている。参加できなかった方のためにも、一…[もっと読む]