AI(人工知能) - ページ 3

ニュースキュレーション

SXSWで見る夢の次世代インタラクティブ技術

インターネット関連の新技術や新事業のアイデアなど、創造的な新興企業の集まる年次イベントSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)が3月10日から、米国テキサス州オースチンで開催された。最近では、スタートアップ企業のお披露のお披露目の場としても…[もっと読む]
ニュースキュレーション

インダストリー4.0に新たな動きはあるか――ドイツでCeBIT開幕

IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの分野では世界最大規模の専門展示会CeBITがドイツのハノーバーで開幕した。すでに各ニュースメディアでも報じられているように、そこには安倍首相も訪れ、講演を行った。そして、日独両政府はIoTや…[もっと読む]
ニュースキュレーション

気象予報士は生き残れるか?!IBMが気象予報に参入

人工知能技術の適用場面は毎週のニュースで取り上げられいて、その広がりは想像以上に早い。そのようななか、将来なくなる職業について論じた記事を見かけるが、果たして気象予報士はどうだろうか。 日本アイ・ビー・エムが気象予報センターを開設し、気象予…[もっと読む]
ニュースキュレーション

画像認識技術はここまできた!:SECURITY SHOW 2017レポート

2017年3月8日〜11日まで、東京ビッグサイトで「SECURITY SHOW 2017」(主催:日本経済新聞社)が開催された。ここでいう“セキュリティー”とは、インターネット上の“サイバーセキュリティー”ではなく、生活空間での防犯・警備な…[もっと読む]
ニュースキュレーション

スマートアシスタント戦争勃発――LINEがアマゾン、グーグルに先んじて日本市場投入

アマゾンのエコー、グーグルのホームと米国と欧州の一部に投入されたスマートアシスタントが話題になりつつある。これらの機器が日本で発売されることが待たれるなか、LINEが独自のスマートアシスタントを発表している。 発表されたのはクラウドAIプラ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

“アマゾンエコーは聞いた”―来るべきスマートアシスタント時代の不気味

少しまえから米国メディアで話題となっているのが殺人事件現場にあったアマゾンエコーについてだ。 アマゾンエコーとは日本では未発売のスマートアシスタントと呼ばれている情報家電で、人間の音声の問いかけに対して、AIなどが返答したり、要求されたアク…[もっと読む]
ニュースキュレーション

AIが「放置課題」を解決

動画の検索性を上げるために、各シーンに写っている人、場所、場面などについて属性=メタタグをつける必要がある。しかし、メタタグをつけるためには、人が時間をかけて地道に行う必要がある。これまでも、こうしたデジタルアセットマネジメントシステムのデ…[もっと読む]
寄稿

『インターネット白書2017』10大キーワードで読むITトレンド

インターネットの動向を解説するIT業界定番資料の最新刊『インターネット白書2017』。今年も36人の専門家が寄稿し、技術・ビジネス・社会の隅々まで及ぶインターネットの影響とこれからの可能性をまとめている。ここでは巻頭カラー「2017年のイン…[もっと読む]
ニュースキュレーション

進むx-Techの浸透は日本の労働人口減少を補う

さまざまな産業でIT技術を本業の部分に積極的に導入していくことをx-Techという言い方をする。今週はANA、SOMPOホールディングス、コマツという日本を代表する各社がそれぞれAIに対する取り組み姿勢を表明している。 AIに関しては、その…[もっと読む]
寄稿

[特別寄稿]トランプ新政権と日本企業の対米戦略

寄稿/イノベーション・ファインダーズ・キャピタル マネージング・パートナー トム佐藤(Innovation Finders Capital) 大混乱アメリカ。トランプ政権は、今や共和党内でも大問題となっている。両議会内、各連邦政府省庁等、ホ…[もっと読む]