新製品 - ページ 2

ニュースキュレーション

“アマゾンエコーは聞いた”―来るべきスマートアシスタント時代の不気味

少しまえから米国メディアで話題となっているのが殺人事件現場にあったアマゾンエコーについてだ。 アマゾンエコーとは日本では未発売のスマートアシスタントと呼ばれている情報家電で、人間の音声の問いかけに対して、AIなどが返答したり、要求されたアク…[もっと読む]
ニュースキュレーション

5Gの標準化策定ががいよいよ加速―日本のリーダシップを期待

スペインのバルセロナではモバイル産業の国際的な展示会、コンファレンス「モバイルワールドコングレス」が開催中だ。メディアでは多数のモバイル端末の発表が話題となっているが、それと同時に集まった通信事業者らによる標準技術策定のための協力関係構築に…[もっと読む]
ニュースキュレーション

AIが「放置課題」を解決

動画の検索性を上げるために、各シーンに写っている人、場所、場面などについて属性=メタタグをつける必要がある。しかし、メタタグをつけるためには、人が時間をかけて地道に行う必要がある。これまでも、こうしたデジタルアセットマネジメントシステムのデ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週の注目事例:VRで重機を遠隔操作〜大成建設

VR(仮想現実)、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、自動運転やコネクテッドカーなど、最近の注目の要素技術が実際に実用になりつつあることはお気づきのとおりだ。導入事例の記事も多くなっているので、ここでは注目の事例を下記のニュー…[もっと読む]
ニュースキュレーション

IoTやVRはすぐそこまでやってきている!

IoTというと、インダストリーという単語を使って説明されることも多く、工場などの情報化の技術を連想する人も多いかもしれない。しかし、私たちの生活と直結した用途で利用されようとしている。スマート歯ブラシやスマートヘアブラシがそれだ。ジョークで…[もっと読む]
ニュースキュレーション

CES2017:ガジェット百花繚乱―5G時代に向けさらなるアイデアも花開く

CESの主催者団体は昨年CEA(Consumer Electronics Association;家電協会)から、CTA(Consumer Technology Association)へと名称変更をした。その展示会であるCESも、家電製品…[もっと読む]
ニュースキュレーション

VRの次の課題は触覚と視線追跡の獲得、そしてソフトウエアプラットホームと対応デバイスの拡大施策

2017年、さらなるブレークが期待される分野として、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)がある。昨年から、専用ヘッドセットも数社から発売され、動画配信サイトではVRコンテンツの配信も開始された。日本では大手広告代理店もVR制作スタジオをオープ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

企業提携による「陣取り合戦」がイノベーションの推進力を増す

下のニュースソースに示した記事は昨年末12月28日から今年1月9日までにインターネット上のメディアで取り上げられた「企業提携」に関する記事の見出しである。この期間には、米国で恒例となっているCES(国際家電・技術ショー)という展示会が開催さ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

CES 2017:いよいよ人工知能(AI)、自動運転、VRをめぐる多産業での競争が激化

毎年、年初に米国ラスベガスで開催されている国際家電展示会であるCESに関し、いくつものレポート記事が上がっている。下記のニュースソースではその一部を紹介している。 今年のアプリケーションレイヤーにおける大きなトレンドは予想したとおり、「人工…[もっと読む]
ニュースキュレーション

オンデマンドエコノミーに向う楽譜出版の今後に期待

書籍や雑誌、CDやDVDなどのパッケージメディアの課題は、販売見込みによって、事前に量産をしなければ採算がとれないというところだ。そのために、生産時に先行してかかるコストが大きく、売れなければ赤字というリスクを背負う。その結果、ニッチな製品…[もっと読む]