情報通信 - ページ 3

ニュースキュレーション

アマゾンジャパンの国内売上高がついに1兆円を突破

2017年6月28日付けの日本経済新聞ではアマゾンジャパンの国内売上高が初めて1兆円を超えたことを報じている。従来型の大手小売業がのきなみ減収を発表しているなか、ますます消費活動はインターネット通販型へと移っている。 この「小売業売上高ラン…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:「マストドンつまみ食い日記」が書籍化されて出版へ

株式会社インプレスR&Dが書籍「マストドンつまみ食い日記」(編者:TmediaNEWS編集部)を発行した。2017年4月に突如巻き起こったマストドンの動きについて、いち早く連載をスタートし、現在も世界一詳しいニュースとして人気を集め…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のイベント:人工知能とVR/ARがコンテンツを変える!―コンテンツ東京2017

2017年6月28日〜30日までの3日間、東京ビッグサイトではコンテンツビジネスの総合展示会「コンテンツ東京2017」が開催された。このイベントに関する記事がいくつかあったので、下記のニュースソースに紹介しておこう。 主な技術トピックスはご…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:“オフ会”が絶賛開催中

マストドンに関するセミナーなど、“オフ会”が活発に行われている。今週、告知されたものだけでも3つもある。それぞれの“オフ会”では、ブログなどで著名な論客の方が登壇されるので、興味深いディスカッションが行われることが期待できる。しかし、こうし…[もっと読む]
ニュースキュレーション

官民の連携―船頭多くして船山を登る?

今週、総務省から相次いで三つの動きが発表されている。それぞれ、IoT、AI、スマートアシスタント(AIスピーカー)に関するものである。その趣旨としては、官民あげて取り組むべし、ルールを策定すべしというものである。 確かに、いまの状況ではいず…[もっと読む]
ニュースキュレーション

話題の中心は米アマゾン・ドット・コム―買収から新デバイスまで

今週の話題の中心は米アマゾン・ドット・コム社だった。 一つ目の話題としては、ビジネス向けチャットのスラック(Slack)を買収提案をしたという噂だ。報道によれば、およそ90億ドル(およそ1兆円)の買収提案をしたとされているが、スラック側はそ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:生みの親オイゲン・ロッコ氏登場

去る6月7日〜9日まで、幕張メッセで開催されたインターネット技術と関連製品の展示会Interop Tokyo 2017に分散SNSとして注目されているマストドンの生みの親、オイゲン・ロッコ(Eugen Rochko)氏がビデオ会議システムで…[もっと読む]
ニュースキュレーション

人工知能関連ニュースが目白押し―導入が進む産業界

人工知能(AI)はこれまでのソフトウェア技術では扱いにくかった命題を解決する技術として大いなる期待を集めていることはいまさらいうまでもないことだろう。それにしても、今週1週間はAIに関する記事が多数掲載されていた。特に日本経済新聞で目立つ。…[もっと読む]
ニュースキュレーション

十数年を経て、再び米国で議論になる「ネット中立性」問題

TechCrunchが報じたところによると、米国ではネット中立性という規制を廃止しようとするFCC(連邦通信委員会)の提案をめぐる議論が勃発しているようだ。 記事では「ネット中立性」について、あまり詳しく説明されていないが、いまからさかのぼ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:関心を持っているのは若年層だが、意外にも50代が積極的?

ドワンゴは動画サービス「niconico」でネット世論調査実施(5月25日)し、そのなかでマストドンの利用状況についても調査をしていたようだ。 その結果を報じている記事によると、すでに利用していると回答している層で多いのは10代、20代と想…[もっと読む]