市場調査/指標

ニュースキュレーション

HRテックのソリューションが続々と登場

ここのところ、労務管理に関するソリューションの発表が相次いでいる。フィンテック(金融×技術)、メディテック(医療×技術)と並ぶHRテック(人事×技術)という分野の盛り上がりを感じる。こうした分野が活発なのは、国が推進する「働き方改革」政策と…[もっと読む]
ニュースキュレーション

必読―総務省が情報通信利用動向調査の結果を発表

総務省は平成28年の世帯と企業における情報通信サービスの利用状況等について調査をした「通信利用動向調査」の結果を発表した。 総務省では、今回の調査結果のポイントとして、20歳代の3分の2超がSNS・動画投稿を利用しているということ、ICTを…[もっと読む]
ニュースキュレーション

もはやブームは去ったのか?―“米国電子書籍市場”は13.9%の減少

米国出版社協会(AAP;Association of American Publishers)は2016年通期の出版市況レポートを発表した。 このレポートは毎年この時期に発表されているもので、協会に加盟する1000社強を対象とした調査である…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:関心を持っているのは若年層だが、意外にも50代が積極的?

ドワンゴは動画サービス「niconico」でネット世論調査実施(5月25日)し、そのなかでマストドンの利用状況についても調査をしていたようだ。 その結果を報じている記事によると、すでに利用していると回答している層で多いのは10代、20代と想…[もっと読む]
ニュースキュレーション

バブル到来?――ビットコイン急騰急落を読み解く

ビットコインの取引価格が3か月で3倍近くなったり、急落をしたりとなにかと話題になっている。こうした動向はテック系メディアよりも、ビジネス系メディアの方が敏感のようだ。急騰急落の理由などは下記の経済的観点のニュースソースに譲るが、今週公開され…[もっと読む]
ニュースキュレーション

必読!メアリー・ミーカー氏による『インターネットトレンド2017』

米国シリコンバレーにおける著名ベンチャーキャピタルであるクライナーパーキンスでパートナー(共同経営者)を務めるメアリー・ミーカー氏は今年も「インターネットトレンド」と題するレポートを発表した。メアリー・ミーカー氏は毎年この時期にこのレポート…[もっと読む]
ニュースキュレーション

米国ではストリーミング放送が急拡大―ケーブルテレビは契約数激減の傾向が続く

米国の市場調査によると、ケーブルテレビの契約数が激減する傾向にあるという。日本ではテレビ番組の視聴には屋根にアンテナをつけて地上波を受信するか、ケーブルテレビを契約するかということになるが、米国では多くがケーブルテレビで視聴されているという…[もっと読む]
ニュースキュレーション

熊本震災発生時、全体の約4割がLINEを使用―総務省調査

きょう、4月14日は熊本震災の発生から1年だ。それに合わせて、総務省は熊本地震の発災時から2016年5月末頃までにおける被災者の情報行動やICTの活用状況について調査を実施し、結果を公表した。 それによると、震災発生時の情報収集手段として、…[もっと読む]
ニュースキュレーション

ドローンビジネス市場は2020年度に1138億円に–インプレス調べ

インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場は2020年度に1138億円まで拡大するという市場予測を発表した。 2016年度の国内市場規模は対前年比191%の199億円に拡大し、2020年度は2015年度比で約11倍に達するとしている…[もっと読む]