企業戦略/業績

ニュースキュレーション

「車×IT」の各社提携関係はどうなっている?!

昨年来、車とITの融合が進んでいる。毎月のように、車メーカーとIT企業との提携などが発表されていることから、現在、各社がどのような関係になっているのかを直感的に理解しにくくなっている。そこで、日経テクノロジーオンラインに掲載された資料を紹介…[もっと読む]
ニュースキュレーション

インダストリー4.0に新たな動きはあるか――ドイツでCeBIT開幕

IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの分野では世界最大規模の専門展示会CeBITがドイツのハノーバーで開幕した。すでに各ニュースメディアでも報じられているように、そこには安倍首相も訪れ、講演を行った。そして、日独両政府はIoTや…[もっと読む]
ニュースキュレーション

気象予報士は生き残れるか?!IBMが気象予報に参入

人工知能技術の適用場面は毎週のニュースで取り上げられいて、その広がりは想像以上に早い。そのようななか、将来なくなる職業について論じた記事を見かけるが、果たして気象予報士はどうだろうか。 日本アイ・ビー・エムが気象予報センターを開設し、気象予…[もっと読む]
ニュースキュレーション

画像認識技術はここまできた!:SECURITY SHOW 2017レポート

2017年3月8日〜11日まで、東京ビッグサイトで「SECURITY SHOW 2017」(主催:日本経済新聞社)が開催された。ここでいう“セキュリティー”とは、インターネット上の“サイバーセキュリティー”ではなく、生活空間での防犯・警備な…[もっと読む]
ニュースキュレーション

Yahoo!、LINE、スマニュー――利用者4000万人突破、高度なアドテク開発へ

商業メディアのニュースや記事を読者の関心に応じて、再編成し、モバイルで閲覧するアプリ――いわゆるモバイルニュースアプリ(正統的な意味での“キュレーション”アプリ)が成長を続けている。3月3日にICT総研が発表した調査結果では、2016年度の…[もっと読む]
ニュースキュレーション

スマートアシスタント戦争勃発――LINEがアマゾン、グーグルに先んじて日本市場投入

アマゾンのエコー、グーグルのホームと米国と欧州の一部に投入されたスマートアシスタントが話題になりつつある。これらの機器が日本で発売されることが待たれるなか、LINEが独自のスマートアシスタントを発表している。 発表されたのはクラウドAIプラ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

DAZNの参入は放送通信融合への大きなジャンプ

昨年夏、DAZN(ダ・ゾーン)を運営する英国パフォームグループが日本のサッカーJリーグの放映権を2010年から10年間で2100億円で取得したことが報じられた。これまで、Jリーグがスカパーと契約してきた放映権料は年間30億円ともいわれている…[もっと読む]
ニュースキュレーション

デジタル化が「儲かるか、儲からないか」をまだ議論している不思議

出版の電子化は想像以上に進んでいないことに驚く。今月はじめ、印刷メディアビジネスの総合イベントであるpage2017(主催:公益社団法人日本印刷技術協会)が開催され、「デジタルメディア時代の出版ビジネス最前線」と題したパネルディスカッション…[もっと読む]
ニュースキュレーション

進むx-Techの浸透は日本の労働人口減少を補う

さまざまな産業でIT技術を本業の部分に積極的に導入していくことをx-Techという言い方をする。今週はANA、SOMPOホールディングス、コマツという日本を代表する各社がそれぞれAIに対する取り組み姿勢を表明している。 AIに関しては、その…[もっと読む]
寄稿

[特別寄稿]トランプ新政権と日本企業の対米戦略

寄稿/イノベーション・ファインダーズ・キャピタル マネージング・パートナー トム佐藤(Innovation Finders Capital) 大混乱アメリカ。トランプ政権は、今や共和党内でも大問題となっている。両議会内、各連邦政府省庁等、ホ…[もっと読む]