事件・できごと - ページ 3

ニュースキュレーション

マストドン祭りは終わらない!―大型連休中の動きも斜め読み

この数年、テックメディアがこぞって扱ったネタがあっただろうか。各社とも、当然、記事のページビュー数を見ているはずなので、読者の関心が高いということがあってのことだろう。 大型連休中に上がった関連記事を下記のニュースソースにあげておいた。フェ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

まだまだ続くマストドン祭り―大型連休前の動向を総まくり

大型連休前もマストドン祭りは続いていた。ドワンゴやピクシブがスマホ向けマストドンクライアントアプリをリリースしたり、テック系ウェブメディア企業のアイティメディア社の公式インスタンス(いわゆる“サーバー”)を立ち上げたりするなど、短期間での取…[もっと読む]
ニュースキュレーション

目に見えない陣地取り戦争勃発―IoTのセキュリティ対策は優先課題

IoTデバイスがセキュリティホールとなっていることは度々報じられているところである。すでに街中にある監視カメラやセンサーなどのユニットに内蔵されているOSがセキュリティ対策をされていない脆弱性を内包することから、悪意のあるプログラムが一斉攻…[もっと読む]
ニュースキュレーション

“撤退相次ぐ”という報道を受けて、楽天市場の巻き返しはなるか?

日経MJでは楽天市場からの撤退企業が相次いでいるということを報じている。この記事がブログで取り上げられたり、SNSでも拡散されているので、紹介をしておきたい。 記事によれば、楽天市場の出店ルールがショップにとって不自由になりつつあるというこ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

マストドン祭り続報:もはや単なるブームでは終わりそうにない

この1〜2週間のテック系ウェブメディアでの大きな話題といえば「マストドン」で間違いないだろう。マストドンの概要については本誌でもすでに紹介したが、あらためてひとことでいうならば、サーバー分散型のSNS(ソーシャルネットワークシステム)だとい…[もっと読む]
ニュースキュレーション

熊本震災発生時、全体の約4割がLINEを使用―総務省調査

きょう、4月14日は熊本震災の発生から1年だ。それに合わせて、総務省は熊本地震の発災時から2016年5月末頃までにおける被災者の情報行動やICTの活用状況について調査を実施し、結果を公表した。 それによると、震災発生時の情報収集手段として、…[もっと読む]
ニュースキュレーション

ティム・バーナーズ=リー氏がチューリング賞を受賞

Photo:渡 徳博 米国に拠点をおくコンピュータサイエンス分野の国際学会Association for Computing Machinery(ACM)がティム・バーナーズ=リー氏に2016年度チューリング賞を授与した。この賞はコンピュー…[もっと読む]
ニュースキュレーション

インダストリー4.0に新たな動きはあるか――ドイツでCeBIT開幕

IoT、ビッグデータ、クラウド、セキュリティなどの分野では世界最大規模の専門展示会CeBITがドイツのハノーバーで開幕した。すでに各ニュースメディアでも報じられているように、そこには安倍首相も訪れ、講演を行った。そして、日独両政府はIoTや…[もっと読む]
ニュースキュレーション

WWWの発明者が警鐘を鳴らす――ウェブ誕生から28年

2017年3月12日はワールドワイドウェブ(WWW)の28回目の生誕記念日だ。この節目となる日に、WWWのコンセプトを発明したティム・バーナーズ=リー氏が「3つの課題」と題する文章を発表し、昨今のウェブでのコンテンツ流通にまつわる懸念を指摘…[もっと読む]
ニュースキュレーション

トランプ政権が一時就労ビザH-1Bの優先手続きを一時停止へ

ロイターが報じたところによると、トランプ政権はIT業界などで専門性の高い外国人が米国内で就労することを許可するH-1Bビザについて、優先的な発給を最大で6か月間停止すると発表した。これによって、新たにビザを取得したり、更新したりするには、従…[もっと読む]