事件・できごと

ニュースキュレーション

ビットコイン分裂騒動―強いコミュニティーマネジメントとは

ビットコインの流通量が増加したことにともない、送金などのトランザクション処理に時間がかかるようになったことから、将来を見据えてデータ構造を変更しようという議論の流れのなかで、その技術的な方針の相違から別々のシステムとして枝分かれ(フォーク)…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:分散SNSとその自由と責任を考える

「分散型SNSとマストドンの法的問題」講演抄録が公開されたことをITmediaが報じている。分散による特定ベンダーからの解放という側面が注目される一方、インスタンス運営者の責任などについて考える資料として価値がある。 また、マストドンをRS…[もっと読む]
ニュースキュレーション

激動する仮想通貨市場

ビットコインなどの仮想通貨について、話題となることは多くても、まだまだ一部の人にとってのおもちゃと思っている人が意外と多いのではないだろうか。しかし、今週は実に多くの仮想通貨に関する動きが見られた。 実店舗での仮想通貨決済、取引所の増資、市…[もっと読む]
ニュースキュレーション

アマゾンプライムデーは消費習慣を変えた

去る日本時間の7月11日、恒例のアマゾンプライムデーが開催された。この1日だけ世界各国で開催されるアマゾンでの大セールだ。 これまで、1年のうち、消費が最ものびるのは11月下旬から年末までのホリデーシーズン、特に、ブラックフライデーやサイバ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:相次ぐ関連書籍の発売

マストドンに関する書籍の出版が相次いでいるが、つぎはソーテック社から「「Mastodon入門ガイド」という本が出版される。内容はマストドンの仕組みやインスタンスの構築方法など、技術的な内容になるようだ。 ITmediaでは「分散SNSフォー…[もっと読む]
ニュースキュレーション

テロ対策に取り組むSNS各社

フェイスブックは全世界で20億人のユーザーを達成したと発表している。また、毎月10億人が何らかのグループ機能を利用しているというので、作られたアカウントの数だけでなく、高いアクティビティがあることを示しているといえるのではないか。日本ではフ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:「マストドンつまみ食い日記」が書籍化されて出版へ

株式会社インプレスR&Dが書籍「マストドンつまみ食い日記」(編者:TmediaNEWS編集部)を発行した。2017年4月に突如巻き起こったマストドンの動きについて、いち早く連載をスタートし、現在も世界一詳しいニュースとして人気を集め…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:“オフ会”が絶賛開催中

マストドンに関するセミナーなど、“オフ会”が活発に行われている。今週、告知されたものだけでも3つもある。それぞれの“オフ会”では、ブログなどで著名な論客の方が登壇されるので、興味深いディスカッションが行われることが期待できる。しかし、こうし…[もっと読む]
ニュースキュレーション

フェイクニュース撲滅に向けた任意団体が発足

昨年来、トランプ米国大統領が自らを非難するメディアの記者に対して「フェイクニュース(偽ニュース)」と言ったことが世界に報道されて以来、世界で一躍知られる語となった。折しも、日本ではDeNAがいわゆる“キュレーションメディア”事業において、単…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:生みの親オイゲン・ロッコ氏登場

去る6月7日〜9日まで、幕張メッセで開催されたインターネット技術と関連製品の展示会Interop Tokyo 2017に分散SNSとして注目されているマストドンの生みの親、オイゲン・ロッコ(Eugen Rochko)氏がビデオ会議システムで…[もっと読む]