コラム/インタビュー

ニュースキュレーション

ニュース記事へのタッチポイント―日本と海外に大きな相違

ニュースメディアについての記事を掲載している田中善一郎氏が運営するメディア・パブでは、日本と海外でのニュースメディアはそれぞれどの程度フェイスブックへ依存しているかという興味深い分析記事を掲載している。 米国にかぎらず、海外ではニュースメデ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

RPAとは「いまさら?」な業務効率化手法

今週のIT関連メディアに掲載された記事で、特に目についたキーワードはRPAだ。RPAについてあらためて説明しておくと、Robotic Process Automationの略で、企業などがシステムとして“構築”をするものではなく、ユーザーや…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:分散SNSとその自由と責任を考える

「分散型SNSとマストドンの法的問題」講演抄録が公開されたことをITmediaが報じている。分散による特定ベンダーからの解放という側面が注目される一方、インスタンス運営者の責任などについて考える資料として価値がある。 また、マストドンをRS…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:関心を持っているのは若年層だが、意外にも50代が積極的?

ドワンゴは動画サービス「niconico」でネット世論調査実施(5月25日)し、そのなかでマストドンの利用状況についても調査をしていたようだ。 その結果を報じている記事によると、すでに利用していると回答している層で多いのは10代、20代と想…[もっと読む]
ニュースキュレーション

バブル到来?――ビットコイン急騰急落を読み解く

ビットコインの取引価格が3か月で3倍近くなったり、急落をしたりとなにかと話題になっている。こうした動向はテック系メディアよりも、ビジネス系メディアの方が敏感のようだ。急騰急落の理由などは下記の経済的観点のニュースソースに譲るが、今週公開され…[もっと読む]
ニュースキュレーション

今週のマストドン:インスタンスの多様性とポータルドンの登場

本媒体では週1回にマストドンに関するニュースエントリーをまとめてニュースソースとして掲げているが、アクセス数を見るとやはり注目の話題だということが裏付けられているようだ。 さて、今週の話題とえいば、マストドンのインスタンス(いわゆる“サーバ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

まだまだ続くマストドン祭り―大型連休前の動向を総まくり

大型連休前もマストドン祭りは続いていた。ドワンゴやピクシブがスマホ向けマストドンクライアントアプリをリリースしたり、テック系ウェブメディア企業のアイティメディア社の公式インスタンス(いわゆる“サーバー”)を立ち上げたりするなど、短期間での取…[もっと読む]
ニュースキュレーション

マストドン祭り続報:もはや単なるブームでは終わりそうにない

この1〜2週間のテック系ウェブメディアでの大きな話題といえば「マストドン」で間違いないだろう。マストドンの概要については本誌でもすでに紹介したが、あらためてひとことでいうならば、サーバー分散型のSNS(ソーシャルネットワークシステム)だとい…[もっと読む]
ニュースキュレーション

WWWの発明者が警鐘を鳴らす――ウェブ誕生から28年

2017年3月12日はワールドワイドウェブ(WWW)の28回目の生誕記念日だ。この節目となる日に、WWWのコンセプトを発明したティム・バーナーズ=リー氏が「3つの課題」と題する文章を発表し、昨今のウェブでのコンテンツ流通にまつわる懸念を指摘…[もっと読む]
ニュースキュレーション

データオーギュメンテーション技術とは?

ここ2年〜3年の人工知能ブームではディープラーニングという手法が注目されている。例えば、画像のなかから「猫」が写っている写真を識別するためには、その前段階としてさまざまなパターンの「猫」の画像(教師データ)を大量に読み込んで、その特徴量、す…[もっと読む]