ニュースキュレーション - ページ 2

ニュースキュレーション

トランプ政権が一時就労ビザH-1Bの優先手続きを一時停止へ

ロイターが報じたところによると、トランプ政権はIT業界などで専門性の高い外国人が米国内で就労することを許可するH-1Bビザについて、優先的な発給を最大で6か月間停止すると発表した。これによって、新たにビザを取得したり、更新したりするには、従…[もっと読む]
ニュースキュレーション

スマートアシスタント戦争勃発――LINEがアマゾン、グーグルに先んじて日本市場投入

アマゾンのエコー、グーグルのホームと米国と欧州の一部に投入されたスマートアシスタントが話題になりつつある。これらの機器が日本で発売されることが待たれるなか、LINEが独自のスマートアシスタントを発表している。 発表されたのはクラウドAIプラ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

インターネット広告が続伸し、媒体費だけで初の1兆円超え――電通調べ

恒例となっている電通調べの「日本の広告費」が発表になった。大きなトピックとしては、インターネット広告費が制作費を含まない媒体費のみで初めて1兆円を超えたことだろう。伸び率も他の媒体と比べても高くなっている。特に、運用型広告へのニーズが高いこ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

DAZNの参入は放送通信融合への大きなジャンプ

昨年夏、DAZN(ダ・ゾーン)を運営する英国パフォームグループが日本のサッカーJリーグの放映権を2010年から10年間で2100億円で取得したことが報じられた。これまで、Jリーグがスカパーと契約してきた放映権料は年間30億円ともいわれている…[もっと読む]
ニュースキュレーション

“アマゾンエコーは聞いた”―来るべきスマートアシスタント時代の不気味

少しまえから米国メディアで話題となっているのが殺人事件現場にあったアマゾンエコーについてだ。 アマゾンエコーとは日本では未発売のスマートアシスタントと呼ばれている情報家電で、人間の音声の問いかけに対して、AIなどが返答したり、要求されたアク…[もっと読む]
ニュースキュレーション

5Gの標準化策定ががいよいよ加速―日本のリーダシップを期待

スペインのバルセロナではモバイル産業の国際的な展示会、コンファレンス「モバイルワールドコングレス」が開催中だ。メディアでは多数のモバイル端末の発表が話題となっているが、それと同時に集まった通信事業者らによる標準技術策定のための協力関係構築に…[もっと読む]
ニュースキュレーション

デジタル化が「儲かるか、儲からないか」をまだ議論している不思議

出版の電子化は想像以上に進んでいないことに驚く。今月はじめ、印刷メディアビジネスの総合イベントであるpage2017(主催:公益社団法人日本印刷技術協会)が開催され、「デジタルメディア時代の出版ビジネス最前線」と題したパネルディスカッション…[もっと読む]
ニュースキュレーション

AIが「放置課題」を解決

動画の検索性を上げるために、各シーンに写っている人、場所、場面などについて属性=メタタグをつける必要がある。しかし、メタタグをつけるためには、人が時間をかけて地道に行う必要がある。これまでも、こうしたデジタルアセットマネジメントシステムのデ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

進むx-Techの浸透は日本の労働人口減少を補う

さまざまな産業でIT技術を本業の部分に積極的に導入していくことをx-Techという言い方をする。今週はANA、SOMPOホールディングス、コマツという日本を代表する各社がそれぞれAIに対する取り組み姿勢を表明している。 AIに関しては、その…[もっと読む]
ニュースキュレーション

ブロックチェーンはすでにビットコインだけの技術ではない

ブロックチェーンというと、仮想通貨「ビットコイン」の要素技術であると理解している人も多いだろう。これまでも、日銀を始めとする金融機関が実証実験に取り組んだり、技術を持つスタートアップと提携をしたりする動きが見られた。もちろん、それは狭義には…[もっと読む]