ニュースキュレーション - ページ 19

ニュースキュレーション

バーチャルリアリティをリードするフェースブック

¥ 2014年の夏、フェースブックはバーチャルリアリティー(VR)向けヘッドマウントディスプレーとして高い品質を誇るオキュラスリフト(Oculus Rift)を製造するオキュラス社を20億ドルで買収した。そして、2016年3月に一般発売が開…[もっと読む]
ニュースキュレーション

オープンイノベーション―今週も多くの戦略的提携が進む

人工知能、IoT、バーチャルリアリティー、自動運転などの分野では毎週さまざまな戦略的提携や買収が発表されている。いわゆるオープンイノベーションという動きで、どんなに大企業でも一社内で閉じるのではなく、社外にある他の会社、大学などと積極的な関…[もっと読む]
ニュースキュレーション

米国大手企業が人工知能に関する業界団体を組織

¥ 人工知能といえば、何十年も前からときどき騒がれることがある割には、いずれも机上の空論として終わることが多かったが、この2〜3年で起きていることは明らかに情報技術分野に大きな変化をもたらしている。これまでの方法では解くことが困難だった命題…[もっと読む]
ニュースキュレーション

安倍総理大臣がIoTを推進する考えを示す

日本経済新聞によると、CEATECにさきがけて行われた会合に、安倍総理大臣が登壇し、「あらゆるモノがインターネットにつながるIoTなど成長分野で、新たな挑戦をサポートするため、必要な改革を断行する」と述べ、政府として積極的に支援する考えを示…[もっと読む]
ニュースキュレーション

Spotifyが満を持して日本上陸

音楽定額制サービスのスポティファイ(Spotify)がいよいよ日本でのサービスを開始した。米国では大成功を収め、音楽定額制サービスの代名詞とまでなっているこのサービスだが、これまでも日本への上陸が何度となくうわさされてきた。そして今秋、よう…[もっと読む]
ニュースキュレーション

与信審査におけるフィンテックの取り組みが相次ぐ

フィンテックとはファイナンス(金融)+テクノロジー(技術)の二つの語が合成された造語である。フィンテックのニュースで目にすることの多い利用例といえば電子マネーやビットコインなどの決済系システムだ。しかし、これ以外にもフィンテックとしてさまざ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

データオーギュメンテーション技術とは?

ここ2年〜3年の人工知能ブームではディープラーニングという手法が注目されている。例えば、画像のなかから「猫」が写っている写真を識別するためには、その前段階としてさまざまなパターンの「猫」の画像(教師データ)を大量に読み込んで、その特徴量、す…[もっと読む]
ニュースキュレーション

着々と広がる音声インターフェース

コンピューターと自然言語で会話することはすでにSFの世界の話ではなくなってきたようだ。米国アマゾンは米国とドイツではすでにエコー(Echo)という音声認識をするアプライアンスを発売している。これにはアレクサ(Alexa)という音声アシスタン…[もっと読む]