作者アーカイブ: 編集部

ニュースキュレーション

どうなるプロバイダー―ビッグローブに続き、ニフティも事業売却か?

昨年12月、KDDIがビッグローブを買収すると発表された。そして、先日、家電量販店のノジマがニフティを買収すると一部メディアが報じた。 インターネット接続サービス(ISP)としては、黎明期から営業を続け、日本のインフラを作ってきたともいえる…[もっと読む]
ニュースキュレーション

VRの次の課題は触覚と視線追跡の獲得、そしてソフトウエアプラットホームと対応デバイスの拡大施策

2017年、さらなるブレークが期待される分野として、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)がある。昨年から、専用ヘッドセットも数社から発売され、動画配信サイトではVRコンテンツの配信も開始された。日本では大手広告代理店もVR制作スタジオをオープ…[もっと読む]
ニュースインデックス

週間ニュースインデックス(2016年12月28日〜2017年1月9日)

事件/できごと/イベント/業界団体/行政/政策(国内) 大学/研究機関 原爆投下後の広島写真、AIでカラー化 全150枚 首都大×早大[日本経済新聞] イベント:CES(トヨタ) AIで感情を読むクルマ「TOYOTA Concept-愛i」…[もっと読む]
ニュースキュレーション

転換期を迎える米国セルフパブリッシングプラットホーム

米国のセルフパブリッシングプラットホーム大手であるスマッシュワーズ社のCEOが自身のブログにて、2016年の振り返りと、2017年の展望を発表している。それによると、2016年に同社で発行しているタイトル数は437,200タイトル、作家数は…[もっと読む]
ニュースキュレーション

企業提携による「陣取り合戦」がイノベーションの推進力を増す

下のニュースソースに示した記事は昨年末12月28日から今年1月9日までにインターネット上のメディアで取り上げられた「企業提携」に関する記事の見出しである。この期間には、米国で恒例となっているCES(国際家電・技術ショー)という展示会が開催さ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

CES 2017:いよいよ人工知能(AI)、自動運転、VRをめぐる多産業での競争が激化

毎年、年初に米国ラスベガスで開催されている国際家電展示会であるCESに関し、いくつものレポート記事が上がっている。下記のニュースソースではその一部を紹介している。 今年のアプリケーションレイヤーにおける大きなトレンドは予想したとおり、「人工…[もっと読む]
ニュースキュレーション

2016年はIT第二幕のプロローグ―お楽しみはこれからだ

この数年間、情報通信技術の分野では、小型化や速度向上などは繰り返し行われてきたが、これまでとは何かがはっきりと変わる「イノベーティブ=革新的」なできごとは少なくなっていた。しかし、2016年には革新的な技術の進化があった。そして、これらの技…[もっと読む]
ニュースインデックス

週間ニュースインデックス(2016年12月20日〜2016年12月27日)

事件/できごと/イベント/業界団体/行政/政策(国内) イベント 「拡張現実」が手術を支援、医療現場を変えるIoT[JBPress] 着せ替え自動車に着るIoTまで! IoTホテルも登場したWORLD OF IOT[JBPress] VRな…[もっと読む]
ニュースキュレーション

格安SIMの拡大基調はまだまだ続く

スマートフォン市場は今後も拡大基調が続くという見込みをIDC Japanが発表した。特に、いわゆる“格安SIM”といわれるMVNO事業者の拡大がその要因となっている。それに加え、2016年3月時点と、9月時点を比較すると、MVNO事業者のシ…[もっと読む]
ニュースキュレーション

自動運転タクシー、サンフランシスコで走行開始

タクシー配車サービスのUberは米国サンフランシスコで自動運転車の配車を開始したと報じられている。自動運転といっても、ドライバーは同乗していて、車両を監視や制御を行なうようではあるが、日本に居住する我々からすると、技術進歩や運用開始の進展が…[もっと読む]