PC Watchでは、米サンタクララで開催されたARM社の技術コンファレンス「ARM Techcon」の様子をレポートしている。まず、ソフトバンクグループの孫正義氏がスピーチを行なった。ソフトバンクグループによるARMを買収後、初めてのコンファレンスであることから、その内容に注目が集された。ARMの経営方針としては、これまでと変わりないことを強調するとともに、ARMのビジョンを熱く語った。
 孫氏は、いま情報技術の分野で起きていることをカンブリア紀に生物の急激な多様化イベントであるカンブリア爆発が起きたことになぞらえた。カンブリア爆発は5億4,300万年前に起きた生物界の最大の革命で、“眼”という“センサー”の登場で、生物に大きな変化がもたらされことをいう。つまり、現在の情報技術の進化の状況に似ているという。カンブリア爆発と同様、知能の向上のサイクルがIoTでも起きることを示唆した。より具体的にいうと、光学デバイスを含む各種センサーとデータ収集の技術とディープラーニングなどの人工知能による分析により、これまでにないほどの大きなイノベーションが起きるというわけだ。
 いま、起きている人工知能、IoT、VR/ARなどの変化はそれぞれを見ていると、それはいままでにもあったバズワードのようにも思えるが、それだけではなく、これらが有機的に作用したときにはより大きな社会変化が起きるだろう。そして、日々の企業の発表や報道を見ていると、まさに多くの企業や人々がそれに気づき、その動きに乗るために経営のハンドルを大きく切り、先行投資、企業提携や買収、そして技術開発が進んでいると感じる。

ニュースソース

  • ARMカンファレンスの基調講演で孫正義氏がカンブリア爆発について語る[PC Watch
NextPublishingの関連書籍
『テクニウム』を超えて――ケヴィン・ケリーの語るカウンターカルチャーから人工知能の未来まで
時代はどう変わるのか、また、テクノロジーの進歩に対して人はどう対応すべきなのか、それを示唆したのが本書です。 テクノロジーという言葉をただのITやバイオテクノロジーといった狭いジャンルに限るのではなく、言語や法律、アートなどの人間の知的活動すべてと捉え、生命自体の成り立ちや、宇宙を形成している物理現象すべてにまで拡張した概念「テクニウム」をわかりやすく紐解き、時代の流れを読み解いていきます。
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-498653074-1024x737.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-498653074-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),AR,IoT,イベント,企業戦略/業績 PC Watchでは、米サンタクララで開催されたARM社の技術コンファレンス「ARM Techcon」の様子をレポートしている。まず、ソフトバンクグループの孫正義氏がスピーチを行なった。ソフトバンクグループによるARMを買収後、初めてのコンファレンスであることから、その内容に注目が集された。ARMの経営方針としては、これまでと変わりないことを強調するとともに、ARMのビジョンを熱く語った。  孫氏は、いま情報技術の分野で起きていることをカンブリア紀に生物の急激な多様化イベントであるカンブリア爆発が起きたことになぞらえた。カンブリア爆発は5億4,300万年前に起きた生物界の最大の革命で、“眼”という“センサー”の登場で、生物に大きな変化がもたらされことをいう。つまり、現在の情報技術の進化の状況に似ているという。カンブリア爆発と同様、知能の向上のサイクルがIoTでも起きることを示唆した。より具体的にいうと、光学デバイスを含む各種センサーとデータ収集の技術とディープラーニングなどの人工知能による分析により、これまでにないほどの大きなイノベーションが起きるというわけだ。  いま、起きている人工知能、IoT、VR/ARなどの変化はそれぞれを見ていると、それはいままでにもあったバズワードのようにも思えるが、それだけではなく、これらが有機的に作用したときにはより大きな社会変化が起きるだろう。そして、日々の企業の発表や報道を見ていると、まさに多くの企業や人々がそれに気づき、その動きに乗るために経営のハンドルを大きく切り、先行投資、企業提携や買収、そして技術開発が進んでいると感じる。 ニュースソース ARMカンファレンスの基調講演で孫正義氏がカンブリア爆発について語る[PC Watch] NextPublishingの関連書籍 『テクニウム』を超えて――ケヴィン・ケリーの語るカウンターカルチャーから人工知能の未来まで 時代はどう変わるのか、また、テクノロジーの進歩に対して人はどう対応すべきなのか、それを示唆したのが本書です。 テクノロジーという言葉をただのITやバイオテクノロジーといった狭いジャンルに限るのではなく、言語や法律、アートなどの人間の知的活動すべてと捉え、生命自体の成り立ちや、宇宙を形成している物理現象すべてにまで拡張した概念「テクニウム」をわかりやすく紐解き、時代の流れを読み解いていきます。IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。