コンピューターと自然言語で会話することはすでにSFの世界の話ではなくなってきたようだ。米国アマゾンは米国とドイツではすでにエコー(Echo)という音声認識をするアプライアンスを発売している。これにはアレクサ(Alexa)という音声アシスタントが内蔵されていて、自然言語でコマンドを出すことができる。残念ながら日本語への対応は十分ではないことからか、日本での発売はされていない。このアレクサを米国大手自動車メーカーのフォードが採用をしたことをロイターが報じている。また、アマゾン社ではアレクサのチームを400人増員しようとしているとも報じられている。自然言語を使ったコミュニケーションは以前よりさまざまな技術開発も行われてきたが、満足いく性能が出るところまではいかなかったが、人工知能技術の発達、処理能力の向上、そして大量のデータの蓄積などを背景に大きな技術のジャンプを遂げているようだ。
米国ガートナー社の調査によれば、「2015年におけるこれら機器への消費者支出額は3億6000万ドル(約367億円)、2020年には21億ドル(約2142億円)となり、世界全体で3.3%の世帯が所有するようになる」とその成長性の高さを予測している。

ニュースソース

  • アマゾン、第3世代Fire TV Stick発表。音声アシスタントAlexa対応、価格据え置きでCPU、WiFiなど強化[Engadget Japan
  • 車内から家電に指示、米フォードがアマゾンの音声認識機能搭載[ロイター
  • Amazon.com、AIアシスタント「Alexa」チームで400人の求人[ITメディア
  • アマゾン、対話型AIの開発推進目指す大学生向けコンテスト「Alexa Prize」を発表[CNET Japan
  • 音声アシスタント機器の市場、2020年には21億ドル規模に、米社予測[ITpro
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-476511721-1024x1024.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-476511721-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),ハードウェア(スマートデバイス/コンシューマー),新製品コンピューターと自然言語で会話することはすでにSFの世界の話ではなくなってきたようだ。米国アマゾンは米国とドイツではすでにエコー(Echo)という音声認識をするアプライアンスを発売している。これにはアレクサ(Alexa)という音声アシスタントが内蔵されていて、自然言語でコマンドを出すことができる。残念ながら日本語への対応は十分ではないことからか、日本での発売はされていない。このアレクサを米国大手自動車メーカーのフォードが採用をしたことをロイターが報じている。また、アマゾン社ではアレクサのチームを400人増員しようとしているとも報じられている。自然言語を使ったコミュニケーションは以前よりさまざまな技術開発も行われてきたが、満足いく性能が出るところまではいかなかったが、人工知能技術の発達、処理能力の向上、そして大量のデータの蓄積などを背景に大きな技術のジャンプを遂げているようだ。 米国ガートナー社の調査によれば、「2015年におけるこれら機器への消費者支出額は3億6000万ドル(約367億円)、2020年には21億ドル(約2142億円)となり、世界全体で3.3%の世帯が所有するようになる」とその成長性の高さを予測している。 ニュースソース アマゾン、第3世代Fire TV Stick発表。音声アシスタントAlexa対応、価格据え置きでCPU、WiFiなど強化[Engadget Japan] 車内から家電に指示、米フォードがアマゾンの音声認識機能搭載[ロイター] Amazon.com、AIアシスタント「Alexa」チームで400人の求人[ITメディア] アマゾン、対話型AIの開発推進目指す大学生向けコンテスト「Alexa Prize」を発表[CNET Japan] 音声アシスタント機器の市場、2020年には21億ドル規模に、米社予測[ITpro]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。