¥

人工知能といえば、何十年も前からときどき騒がれることがある割には、いずれも机上の空論として終わることが多かったが、この2〜3年で起きていることは明らかに情報技術分野に大きな変化をもたらしている。これまでの方法では解くことが困難だった命題に取り組める大きな手段をなっていることは間違いない。そのようななか、アマゾン、グーグル、フェースブック、IBM、マイクロソフトという国際的な大企業が人工知能で協業することが発表された。PCウォッチの記事によれば協業の目的は「AIが人類や社会に貢献する技術であることを証明するとともに、AIに関する研究、効率のよい技法の開発、およびオープンライセンスを元にした研究結果の公開など。また、技術の倫理、公正性、透明性、プライバシー、相互運用性、人とAIのコラボレーション、信頼性、堅牢性についても研究していく」としている。ここで気づくのはアップルが参加していないことだ。これまでの経緯をみても、アップルが独自の道を歩むことにそれほどの驚きはないが、今回の大きなイノベーションのフェーズにおいても独自の道を歩んでいくという決意の表れか。

ニュースソース

  • Amazon、Google、Facebook、IBMとMicrosoftが人工知能で協業[PC Watch
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-599497586-731x1024.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/10/ThinkstockPhotos-599497586-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),業界団体人工知能といえば、何十年も前からときどき騒がれることがある割には、いずれも机上の空論として終わることが多かったが、この2〜3年で起きていることは明らかに情報技術分野に大きな変化をもたらしている。これまでの方法では解くことが困難だった命題に取り組める大きな手段をなっていることは間違いない。そのようななか、アマゾン、グーグル、フェースブック、IBM、マイクロソフトという国際的な大企業が人工知能で協業することが発表された。PCウォッチの記事によれば協業の目的は「AIが人類や社会に貢献する技術であることを証明するとともに、AIに関する研究、効率のよい技法の開発、およびオープンライセンスを元にした研究結果の公開など。また、技術の倫理、公正性、透明性、プライバシー、相互運用性、人とAIのコラボレーション、信頼性、堅牢性についても研究していく」としている。ここで気づくのはアップルが参加していないことだ。これまでの経緯をみても、アップルが独自の道を歩むことにそれほどの驚きはないが、今回の大きなイノベーションのフェーズにおいても独自の道を歩んでいくという決意の表れか。 ニュースソース Amazon、Google、Facebook、IBMとMicrosoftが人工知能で協業[PC Watch]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。