毎年、総務省から発行している「情報通信白書」の最新版がダウンロード可能になった。
内容構成を見ると、基調(特集)として「データ主導経済と社会変革」と銘打っていて、そのなかでは「スマートフォン」「ビッグデータ」「第4次産業革命」「社会課題解決」「熊本自身とICT」という5つの話題で構成している。
最近、各省庁では、情報通信技術(ICT)に関わるさまざまな研究会が開催されているが、その議論とともに、まさに今後の政策ともリンクしているこうした現況を知る上においては有用な資料となるだろう。
なお、この白書はPDF、EPUB形式を総務省のページからダウンロードでき、電子書籍版としてKindle版やKobo版、Kinoppy版、AndroidおよびiOS向けアプリが用意されるほか、紙の書籍でも発売される。この業界に携わる方々は必読ということができるだろう。

ニュースソース

  • 総務省から情報通信白書、スマホアプリや電子書籍でも無料で[ケータイWatch
  • 情報通信白書[総務省
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/02/ThinkstockPhotos-514416224-600x400.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/02/ThinkstockPhotos-514416224-130x130.jpg編集部ニュースキュレーション市場調査/指標,行政・政策毎年、総務省から発行している「情報通信白書」の最新版がダウンロード可能になった。 内容構成を見ると、基調(特集)として「データ主導経済と社会変革」と銘打っていて、そのなかでは「スマートフォン」「ビッグデータ」「第4次産業革命」「社会課題解決」「熊本自身とICT」という5つの話題で構成している。 最近、各省庁では、情報通信技術(ICT)に関わるさまざまな研究会が開催されているが、その議論とともに、まさに今後の政策ともリンクしているこうした現況を知る上においては有用な資料となるだろう。 なお、この白書はPDF、EPUB形式を総務省のページからダウンロードでき、電子書籍版としてKindle版やKobo版、Kinoppy版、AndroidおよびiOS向けアプリが用意されるほか、紙の書籍でも発売される。この業界に携わる方々は必読ということができるだろう。 ニュースソース 総務省から情報通信白書、スマホアプリや電子書籍でも無料で[ケータイWatch] 情報通信白書[総務省]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。