2017年5月9日から、米NVIDIA社は米国・サンノゼ市で「GPU Technology Conference(GTC) 2017」を開催した。かねてから高性能グラフィック用プロセッサとしては知られていたメーカーだが、人工知能技術が注目を浴びると同時にこの分野での応用技術を持つ企業としても注目を浴びている。そのNVIDIA社がトヨタとの提携を発表した。自動運転分野ではすでに世界各国の自動社メーカーとの提携を発表してはいるのだが、とりわけトヨタというトップメーカーとの提携は少なからず衝撃を持って受け止められているようだ(日経ビジネス誌が「謎のAI半導体メーカー」と煽ったこともその要因の一つといえるかもしれない)。エレクトロニクスの専門メディアのEE Timesでは「自動車向けAIプラットフォームにおけるNVIDIA、Intel-Mobileye連合と自動車業界との関係図」を掲載している。これを見ると、NVIDIA社の圧倒的な存在、そして、過去何十年にも渡って半導体業界に君臨してきたインテルとの差をも感じる。
そのようななか、ソフトバンクがNVIDIAの株式株式4.9%(約40億ドル相当)を取得しているということが米国メディアで報じられ、話題となっている。IoT市場の拡大をねらい、巨額でARM社を買収したのみならず、AI分野でもしっかりと足場を固めてきている。まさに、人工知能をとりまく業界図は激しく動いていて、毎週目を話せない。

ニュースソース

  • 詳報:トヨタが頼った謎のAI半導体メーカー―産業秩序が激変、自動車を「操る」のは誰だ[[日経ビジネス(]http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/17/ai/051700001/)]
  • トヨタがNVIDIAのAI技術を採用、Intelに焦りか[EETimes
  • ソフトバンク、NVIDIAの株式40億ドル相当を取得か[CNET Japan
  • AI革命は終わらない NVIDIAカンファレンスレポート[ニューズウィーク日本版
  • NVIDIA GTCレポ:AI関連機能を大きく取り込んだVolta世代のアーキテクチャを発表[ASCII.jp
  • NVIDIA、AI 開発を容易にする GPU Cloud プラットフォームを発表[ニュースリリース
  • NVIDIA、エッジからクラウドまで対応した Metropolis ビデオ分析プラットフォームで、AI 都市への道を切り開く[ニュースリリース
  • NVIDIA、革新的な Volta GPU プラットフォームを発表、新時代の AI とハイパフォーマンス コンピューティングを加速[ニュースリリース
  • NVIDIA、今年中に 10 万人のディープラーニング開発者をトレーニング予定|NVIDIA[ニュースリリース
  • NVIDIA、最新アーキテクチャの深層学習向けGPUボードを発表ークラウドサービスも予告[データセンター完全ガイド
  • NVIDIAの次世代GPU、深層学習を12倍高速に[日経テクノロジー
  • SAPとNVIDIAが協業関係を強化、業務アプリへの機械学習導入を本格化[データセンター完全ガイド
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/03/ThinkstockPhotos-515601734-600x400.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/03/ThinkstockPhotos-515601734-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),イベント,企業戦略/業績,新製品,自動運転2017年5月9日から、米NVIDIA社は米国・サンノゼ市で「GPU Technology Conference(GTC) 2017」を開催した。かねてから高性能グラフィック用プロセッサとしては知られていたメーカーだが、人工知能技術が注目を浴びると同時にこの分野での応用技術を持つ企業としても注目を浴びている。そのNVIDIA社がトヨタとの提携を発表した。自動運転分野ではすでに世界各国の自動社メーカーとの提携を発表してはいるのだが、とりわけトヨタというトップメーカーとの提携は少なからず衝撃を持って受け止められているようだ(日経ビジネス誌が「謎のAI半導体メーカー」と煽ったこともその要因の一つといえるかもしれない)。エレクトロニクスの専門メディアのEE Timesでは「自動車向けAIプラットフォームにおけるNVIDIA、Intel-Mobileye連合と自動車業界との関係図」を掲載している。これを見ると、NVIDIA社の圧倒的な存在、そして、過去何十年にも渡って半導体業界に君臨してきたインテルとの差をも感じる。 そのようななか、ソフトバンクがNVIDIAの株式株式4.9%(約40億ドル相当)を取得しているということが米国メディアで報じられ、話題となっている。IoT市場の拡大をねらい、巨額でARM社を買収したのみならず、AI分野でもしっかりと足場を固めてきている。まさに、人工知能をとりまく業界図は激しく動いていて、毎週目を話せない。 ニュースソース 詳報:トヨタが頼った謎のAI半導体メーカー―産業秩序が激変、自動車を「操る」のは誰だ[http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/17/ai/051700001/)] トヨタがNVIDIAのAI技術を採用、Intelに焦りか[EETimes] ソフトバンク、NVIDIAの株式40億ドル相当を取得か[CNET Japan] AI革命は終わらない NVIDIAカンファレンスレポート[ニューズウィーク日本版] NVIDIA GTCレポ:AI関連機能を大きく取り込んだVolta世代のアーキテクチャを発表[ASCII.jp] NVIDIA、AI 開発を容易にする GPU Cloud プラットフォームを発表[ニュースリリース] NVIDIA、エッジからクラウドまで対応した Metropolis ビデオ分析プラットフォームで、AI 都市への道を切り開く[ニュースリリース] NVIDIA、革新的な Volta GPU プラットフォームを発表、新時代の AI とハイパフォーマンス コンピューティングを加速[ニュースリリース] NVIDIA、今年中に 10 万人のディープラーニング開発者をトレーニング予定|NVIDIA[ニュースリリース] NVIDIA、最新アーキテクチャの深層学習向けGPUボードを発表ークラウドサービスも予告[データセンター完全ガイド] NVIDIAの次世代GPU、深層学習を12倍高速に[日経テクノロジー] SAPとNVIDIAが協業関係を強化、業務アプリへの機械学習導入を本格化[データセンター完全ガイド]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。