長時間残業を強いられたり、上司からの必要以上のプレッシャーがあるなど、いわゆる「ブラック企業」といわれる労働環境により、従業員が甚大な健康を害したり、自殺に至ったりする例が報道され、社会的にもこの問題に関心が高まっている。
それに呼応するかのように、ウェラブルデバイス、IoT、AIといった最近の技術の応用例として、社員の健康管理ソリューションが登場している。バイタルや表情などから、健康状態を読み取り、それを分析することで、事前に休養を促したり、企業側が配慮をしたりするということが意図されていると思われる。いくつかの展示会でも、企業の定期健康診断を受診したかどうかだけでなく、検査結果をデータベース化して、体調不良になりそうな人を事前に見つけるソリューションなども見た。企業がそうしたソリューションを導入していることで、主に新入社員からみると、従業員の健康に配慮をする認識のある企業であるというイメージが高まり、人材の獲得につながるという成果も報告されているという。
しかし、従業員の健康を考えてのこととはいえ、バイタルのような個人的な情報や表情からAI的に読み取られた心理的な状態をどこまで企業が捕捉すべきかは今後の議論となるだろう。また、自己管理のできる従業員からすれば管理が行き過ぎていると思う人も出るかもしれない。

ニュースソース

  • 着衣のまま生体情報、社員健康管理 サイバーダインなど[日本経済新聞
  • IoT椅子で仕事はかどる、ダイキンとNECが共同研究[ITpro
  • IoTとウェアラブル端末で変わる社員の健康管理[IT Leaders
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/12/ThinkstockPhotos-531560090-600x400.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/12/ThinkstockPhotos-531560090-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),IoT,ヘルステック,企業戦略/業績,情報通信,新製品,業界団体長時間残業を強いられたり、上司からの必要以上のプレッシャーがあるなど、いわゆる「ブラック企業」といわれる労働環境により、従業員が甚大な健康を害したり、自殺に至ったりする例が報道され、社会的にもこの問題に関心が高まっている。 それに呼応するかのように、ウェラブルデバイス、IoT、AIといった最近の技術の応用例として、社員の健康管理ソリューションが登場している。バイタルや表情などから、健康状態を読み取り、それを分析することで、事前に休養を促したり、企業側が配慮をしたりするということが意図されていると思われる。いくつかの展示会でも、企業の定期健康診断を受診したかどうかだけでなく、検査結果をデータベース化して、体調不良になりそうな人を事前に見つけるソリューションなども見た。企業がそうしたソリューションを導入していることで、主に新入社員からみると、従業員の健康に配慮をする認識のある企業であるというイメージが高まり、人材の獲得につながるという成果も報告されているという。 しかし、従業員の健康を考えてのこととはいえ、バイタルのような個人的な情報や表情からAI的に読み取られた心理的な状態をどこまで企業が捕捉すべきかは今後の議論となるだろう。また、自己管理のできる従業員からすれば管理が行き過ぎていると思う人も出るかもしれない。 ニュースソース 着衣のまま生体情報、社員健康管理 サイバーダインなど[日本経済新聞] IoT椅子で仕事はかどる、ダイキンとNECが共同研究[ITpro] IoTとウェアラブル端末で変わる社員の健康管理[IT Leaders]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。