この1週間ほどで発表されている米国大手テックカンパニーの動向をまとめておく。まず、気になるのはアマゾンで、いくつかの特許出願をしたことが報じられている。飛行船を倉庫にして、ドローンで地上に配送するというアイデアは局所的に人が集まる大型イベントや災害時に利用できる手法ではないか。日本でいうなら、災害での利用はとても有効なのではないかと感じる。アップルはAR端末として、カールツアィスとの提携がうわさされている。品質やブランドでトップに立つというマーケティング戦略が見える。そして、マイクロソフトはディープラーニングを手がける新興企業の買収を発表した。当然、マイクロソフトにとっては買収しなくても自社でも技術をもっているのではないかと思うが、なんらかの知的財産、人材などに興味があったのではないか。
これらの動きから感じられるのは、大手テックカンパニーの新奇性のあるアイデアや先進技術の研究開発に対する積極的な姿勢だ。日本では、研究費不足からクラウドファウンディングを利用するとしている筑波大学、AIアシスタントの開発に国が助成するという報道がされるなど、比較するとかなり見劣りするような状況だ。いまや過去技術の改良による低価格化や小型化ではない新たな技術開発が求められているのは明らかで、各企業はより国際競争力を高める投資が必要なのではないか。

ニュースソース

  • マイクロソフト、ディープラーニングを手がける新興企業Maluubaの買収を発表[ZDnet
  • Amazonの新特許シリーズ。今度は配送センターと家をつなぐ地下トンネルを考案[Gizmode
  • アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得[DroneTimes
  • 米アマゾン、謎の「革新的通信技術」の試験認可をFCCに申請。ドローン配送関連か[Engadget Japan
  • Apple、Netflix式独自テレビ番組を製作するとの情報[TechCrunch
  • Apple、年内にAR端末発表か パートナーはカールツァイス?[ITメディア
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/01/ThinkstockPhotos-82770200-600x450.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2017/01/ThinkstockPhotos-82770200-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),VR/AR,ドローン,企業戦略/業績,情報通信この1週間ほどで発表されている米国大手テックカンパニーの動向をまとめておく。まず、気になるのはアマゾンで、いくつかの特許出願をしたことが報じられている。飛行船を倉庫にして、ドローンで地上に配送するというアイデアは局所的に人が集まる大型イベントや災害時に利用できる手法ではないか。日本でいうなら、災害での利用はとても有効なのではないかと感じる。アップルはAR端末として、カールツアィスとの提携がうわさされている。品質やブランドでトップに立つというマーケティング戦略が見える。そして、マイクロソフトはディープラーニングを手がける新興企業の買収を発表した。当然、マイクロソフトにとっては買収しなくても自社でも技術をもっているのではないかと思うが、なんらかの知的財産、人材などに興味があったのではないか。 これらの動きから感じられるのは、大手テックカンパニーの新奇性のあるアイデアや先進技術の研究開発に対する積極的な姿勢だ。日本では、研究費不足からクラウドファウンディングを利用するとしている筑波大学、AIアシスタントの開発に国が助成するという報道がされるなど、比較するとかなり見劣りするような状況だ。いまや過去技術の改良による低価格化や小型化ではない新たな技術開発が求められているのは明らかで、各企業はより国際競争力を高める投資が必要なのではないか。 ニュースソース マイクロソフト、ディープラーニングを手がける新興企業Maluubaの買収を発表[ZDnet] Amazonの新特許シリーズ。今度は配送センターと家をつなぐ地下トンネルを考案[Gizmode] アマゾン、飛行船とドローンを活用した配送システムで米特許取得[DroneTimes] 米アマゾン、謎の「革新的通信技術」の試験認可をFCCに申請。ドローン配送関連か[Engadget Japan] Apple、Netflix式独自テレビ番組を製作するとの情報[TechCrunch] Apple、年内にAR端末発表か パートナーはカールツァイス?[ITメディア]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。