毎年、年初に米国ラスベガスで開催されている国際家電展示会であるCESに関し、いくつものレポート記事が上がっている。下記のニュースソースではその一部を紹介している。
今年のアプリケーションレイヤーにおける大きなトレンドは予想したとおり、「人工知能(AI)」「自動運転」「コネクテッドカー」「VR」「音声インターフェース」だといっていいだろう。
開会前日の夜に行われる基調講演ではNVIDIA社が登壇し、人工知能向けのプロセッサーや車載に向けたソリューションなどとともに、自動車メーカーとの提携を発表している。インテルはプレス向け会見で、高解像度のヘッドセットでVRを体験させた。
これらは昨年来、メディアで話題になっていたものが、いよいよ具体化してきたことを実感できるものであった。それに比較し、日本メーカーはこうした技術的なニュース性にとぼしく感じた。
そして、これに加えて、とても気になる動きとしては、アマゾンがAlexaという音声インターフェースの技術をいくつかのハードウエアベンダーに提供し、それが組み込まれたテレビやアプライアンスなどの製品が登場してきたことだ。また、グーグルアシスタントもAndroidTVなどで利用できるようになることが発表された。もちろん、こうした技術は車載の分野でも利用されることになるだろう。2016年12月30日にポストした記事「2016年はIT第二幕のプロローグ―お楽しみはこれからだ」でも触れたとおり、音声インターフェースのプラットホーム化、すなわちキーボード、ディスプレー、マウスを補完する新たなUIとしての広がりとともに、その覇権争いも激しくなってきている。
技術の開発状況を見ていると、消費者がこうした技術を日常的に利用できるようになるのは間もなくだろう。

ニュースソース

  • 【CES 2017】「FeliCa対応」「新たなペン入力」「防水強化」〜ファーウェイ幹部が語る、2017年の新戦略[ケータイWatch
  • 【CES 2017】「SIMフリーのシェアは倍増させたい」「MONOは大成功」ZTE幹部が語る端末戦略と日本市場[ケータイWatch
  • 【CES 2017】「デュアルカメラ」「FeliCa」「So-net」、平井CEOが語るソニーのモバイル事業[ケータイWatch
  • 【CES 2017】Cerevo、ロボット電気スタンドとVR用触感デバイス[ケータイWatch
  • 【CES 2017】IoTなベッドや東大発の「e-skin」など〜2017年の「CES Unveiled」[ケータイWatch
  • 【CES 2017】カシオ、Android Wear 2.0のタフネススマートウォッチ「WSD-F20」発表[ケータイWatch
  • 【CES 2017】クアルコム、VR性能が大幅向上した「Snapdragon 835」の詳細を発表[ケータイWatch
  • 【CES 2017】開けばノートPC、スライドすればタブレット、中にはスマホな「Graalphone」[ケータイWatch
  • 【CES 2017】自動運転技術で「10兆ドルの産業に革命を起こす」、NVIDIA ジェンスン・フアン CEO基調講演 ボッシュ、ZFと提携し、車載グレードのDRIVE AIコンピュータを提供へ[Car Watch
  • 【イベントレポート】 “OK Google”で家電と連携可能な未来を垣間見せるNVIDIAの新SHIELD[PC Watch
  • 【イベントレポート】Dell、世界初の32型8K液晶「UltraSharp 32 Ultra HD 8K Monitor」 〜フルHDパネル16枚分の解像度[PC Watch
  • 【イベントレポート】Cerevo、話しかけると変形して点灯するロボット・デスクライト 〜触感センサー搭載のVRシューズ&グローブも出展[PC Watch
  • 【イベントレポート】Huawei、GoogleとAmazonと協業で米市場に本格参入[PC Watch
  • 【イベントレポート】さくらインターネット、CESでIoTものづくりのプラットフォーム世界展開を発表[PC Watch
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/11/ThinkstockPhotos-482400767-600x493.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/11/ThinkstockPhotos-482400767-130x130.jpg編集部ニュースキュレーションAI(人工知能),AR,IoT,VR,イベント,ハードウェア(スマートデバイス/コンシューマー),新製品,自動運転毎年、年初に米国ラスベガスで開催されている国際家電展示会であるCESに関し、いくつものレポート記事が上がっている。下記のニュースソースではその一部を紹介している。 今年のアプリケーションレイヤーにおける大きなトレンドは予想したとおり、「人工知能(AI)」「自動運転」「コネクテッドカー」「VR」「音声インターフェース」だといっていいだろう。 開会前日の夜に行われる基調講演ではNVIDIA社が登壇し、人工知能向けのプロセッサーや車載に向けたソリューションなどとともに、自動車メーカーとの提携を発表している。インテルはプレス向け会見で、高解像度のヘッドセットでVRを体験させた。 これらは昨年来、メディアで話題になっていたものが、いよいよ具体化してきたことを実感できるものであった。それに比較し、日本メーカーはこうした技術的なニュース性にとぼしく感じた。 そして、これに加えて、とても気になる動きとしては、アマゾンがAlexaという音声インターフェースの技術をいくつかのハードウエアベンダーに提供し、それが組み込まれたテレビやアプライアンスなどの製品が登場してきたことだ。また、グーグルアシスタントもAndroidTVなどで利用できるようになることが発表された。もちろん、こうした技術は車載の分野でも利用されることになるだろう。2016年12月30日にポストした記事「2016年はIT第二幕のプロローグ―お楽しみはこれからだ」でも触れたとおり、音声インターフェースのプラットホーム化、すなわちキーボード、ディスプレー、マウスを補完する新たなUIとしての広がりとともに、その覇権争いも激しくなってきている。 技術の開発状況を見ていると、消費者がこうした技術を日常的に利用できるようになるのは間もなくだろう。 ニュースソース 【CES 2017】「FeliCa対応」「新たなペン入力」「防水強化」〜ファーウェイ幹部が語る、2017年の新戦略[ケータイWatch] 【CES 2017】「SIMフリーのシェアは倍増させたい」「MONOは大成功」ZTE幹部が語る端末戦略と日本市場[ケータイWatch] 【CES 2017】「デュアルカメラ」「FeliCa」「So-net」、平井CEOが語るソニーのモバイル事業[ケータイWatch] 【CES 2017】Cerevo、ロボット電気スタンドとVR用触感デバイス[ケータイWatch] 【CES 2017】IoTなベッドや東大発の「e-skin」など〜2017年の「CES Unveiled」[ケータイWatch] 【CES 2017】カシオ、Android Wear 2.0のタフネススマートウォッチ「WSD-F20」発表[ケータイWatch] 【CES 2017】クアルコム、VR性能が大幅向上した「Snapdragon 835」の詳細を発表[ケータイWatch] 【CES 2017】開けばノートPC、スライドすればタブレット、中にはスマホな「Graalphone」[ケータイWatch] 【CES 2017】自動運転技術で「10兆ドルの産業に革命を起こす」、NVIDIA ジェンスン・フアン CEO基調講演 ボッシュ、ZFと提携し、車載グレードのDRIVE AIコンピュータを提供へ[Car Watch] 【イベントレポート】 “OK Google”で家電と連携可能な未来を垣間見せるNVIDIAの新SHIELD[PC Watch] 【イベントレポート】Dell、世界初の32型8K液晶「UltraSharp 32 Ultra HD 8K Monitor」 〜フルHDパネル16枚分の解像度[PC Watch] 【イベントレポート】Cerevo、話しかけると変形して点灯するロボット・デスクライト 〜触感センサー搭載のVRシューズ&グローブも出展[PC Watch] 【イベントレポート】Huawei、GoogleとAmazonと協業で米市場に本格参入[PC Watch] 【イベントレポート】さくらインターネット、CESでIoTものづくりのプラットフォーム世界展開を発表[PC Watch]IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。