ビジネス向けチャットツールSlackに関する記事は、技術系メディアだけでなく、ビジネス系メディアでも取り上げられることが増えてきた。なんでもかんでも「メール」というツールではなく、グループ内でもっと軽く使えるツールの必要性が求められているということだろう。軽く使えるとは、業務に関する日常の報告、連絡、相談といったチームで必要になるようなコミュニケーションに適したツールのことで、重要なのはメール=手紙のような形式にとらわれず、必要なときにすぐに書き込めて、すぐに情報が共有でいたり、返事がもらえたりするようなコミュニケーションのことだ。
グーグルドライブとSlackと機能の連携を図ったことは双方にとって親和性の高いものとなるだろう。また、Slackの有料サービスでは15人までのビデオ会議が可能になることが発表されている。
実は、本誌スタッフ間でもSlackを使っているのだが、Botで自動的に更新通知ができることはもちろんだが、異なった場所で働いているスタッフ同士での一体感が感じられるところにメリットを感じる。
今後、こうしたチャットインターフェイスを使ったいろいろなサービスやツールも開発されていくと思われるので、長らく使っていたメールだけでなく、それを補完するツールとしても検討してもよいのではないだろうか。

ニュースソース

  • GoogleドライブとSlackの連携機能、2017年前半から利用可能に[クラウドウオッチ
  • Slackでビデオ通話が可能に–最大15人[ZDnet
NextPublishingの関連書籍
仕事で使える!Googleハングアウト クラウドコミュニケーション徹底活用術
本書はGoogleのサービス「Googleハングアウト」で仕事を効率化するための情報をコンパクトにまとめた活用ガイドです。クラウドをもっと仕事に活用したい、Googleハングアウトでビジネス環境をスピードアップ、効率化したい。そんな方におすすめの一冊です。
https://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/12/ThinkstockPhotos-147791098-600x480.jpghttps://i.impressrd.jp/wp-content/uploads/2016/12/ThinkstockPhotos-147791098-130x130.jpg編集部ニュースキュレーション情報通信ビジネス向けチャットツールSlackに関する記事は、技術系メディアだけでなく、ビジネス系メディアでも取り上げられることが増えてきた。なんでもかんでも「メール」というツールではなく、グループ内でもっと軽く使えるツールの必要性が求められているということだろう。軽く使えるとは、業務に関する日常の報告、連絡、相談といったチームで必要になるようなコミュニケーションに適したツールのことで、重要なのはメール=手紙のような形式にとらわれず、必要なときにすぐに書き込めて、すぐに情報が共有でいたり、返事がもらえたりするようなコミュニケーションのことだ。 グーグルドライブとSlackと機能の連携を図ったことは双方にとって親和性の高いものとなるだろう。また、Slackの有料サービスでは15人までのビデオ会議が可能になることが発表されている。 実は、本誌スタッフ間でもSlackを使っているのだが、Botで自動的に更新通知ができることはもちろんだが、異なった場所で働いているスタッフ同士での一体感が感じられるところにメリットを感じる。 今後、こうしたチャットインターフェイスを使ったいろいろなサービスやツールも開発されていくと思われるので、長らく使っていたメールだけでなく、それを補完するツールとしても検討してもよいのではないだろうか。 ニュースソース GoogleドライブとSlackの連携機能、2017年前半から利用可能に[クラウドウオッチ] Slackでビデオ通話が可能に--最大15人[ZDnet] NextPublishingの関連書籍 仕事で使える!Googleハングアウト クラウドコミュニケーション徹底活用術 本書はGoogleのサービス「Googleハングアウト」で仕事を効率化するための情報をコンパクトにまとめた活用ガイドです。クラウドをもっと仕事に活用したい、Googleハングアウトでビジネス環境をスピードアップ、効率化したい。そんな方におすすめの一冊です。IT第二幕を世界のニュースで横断読み解き。