“Google+Amazon=Googlezon”の出現を予言するムービー「EPIC 2014」を読み解く

CONTEXT

『アップルとグーグル』は、勢いのあるこの2社が接近することで、ネットビジネスの新しいトレンドを形成していくのではないか、という発想から生まれた。

同じように2004年に叫ばれていたのが、検索エンジンを中心に急成長を続けるグーグルとEコマース市場で地歩を固めていたアマゾンの脅威である。「この2社が1つになったら……」という発想で描かれた未来空想ムービー「EPIC 2014」は、単なるジョークだと理解しつつも多くのネットビジネス関係者がストーリーについて議論し、考察を重ねた。

2008年は、EPIC 2014の中では未来として描かれている。現実はどうなったか、照らし合わせながら観ると、楽しめるのではないだろうか。

余談だが、本稿は日本語版字幕の翻訳をされた長野弘子氏の寄稿だが、日本語版制作には他にも三好伸哉氏や(現在はグーグルの)高広伯彦氏なども携わっている。

※この記事は『インターネットマガジン2005年12月号』に掲載されたものです。文中に出てくる社名、サービス名、その他の情報は当時のものです。

西暦2014年、グーグルとアマゾンが合併してグーグルゾンが誕生。ブログやSNSなどを通じて消費者が自ら情報を発信するメディア、いわゆる「CGM(Consumer Generated Media)」が世界中で勃興し、NYタイムズ紙などに代表される既存メディアの権威は失墜する。こんな未来像を描いたフラッシュムービー「EPIC 2014」が静かな話題を呼んでいる。

ここでは、前半でEPIC 2014の日本語版の翻訳をされた長野弘子氏にあらすじの紹介と解説をしていただき、後半で各業界リーダーの方々に視聴後の感想を寄稿していただいた。

後半:「EPIC 2014 各業界のリーダー/識者たちの感想」

TEXT:長野 弘子

スクリーンショットTOP
EPIC 2014(日本語字幕付き)
http://www.probe.jp/EPIC2014/
EPIC 2015
http://www.albinoblacksheep.com/flash/epic/

2004年初め、フロリダにあるメディア学術機関のポインター研究所で働く2人の若者が、NYタイムズ・デジタルのマーティン・ニーゼンホルツCEOの講演に触発され、あるアイデアを思いついた。「オンラインゲーム『ウルティマ・オンライン』は多くの人々が参加して作り上げたメディアである」という言葉に、このモデルをジャーナリズムにも適用できないかと考えたのだ。各人の属性や嗜好性に適したニュース記事を動的に生成するだけでなく、メディアの消費者もまた発信者になり、媒体名や配信元にかかわりなく記事の内容により読者に評価されるとしたら……。

こうした思考を推し進め、未来からメディアの歴史を描いたという想定のフラッシュムービー「EPIC 2014」が生まれた。現在はフレズノ・ビー紙の記者を務めるマット・トンプソンと、サンフランシスコの新興ケーブルTV局カレントで働くロビン・スローンの2人組が製作したこのムービーは、「メディア歴史博物館」という架空の機関により製作されたものとして昨年11月にサイトに掲載された。翌月にはスラッシュドットが取り上げて世界中で話題になり、現在は日本語、スペイン語、フランス語、イタリア語、中国語などに翻訳されている。

ルパード・マードックなどメディア業界のトップも目を通したという、この挑発的な物語が登場してから1年近く経つが、これを単なるフィクションやパロディーとして捉えることはできない。新聞記事のねつ造や偏向報道に対して人々のマスメディア離れが進む一方で、ブロガーや市民記者が台頭し、RSSやAtom、OPMLなどにより、私たちは大手の新聞社か個人のブログかを意識することなくRSSリーダーで自由に好きな記事を読むことができるようになった。CGMとそれを流通させる仕組みは、確立されたメディアブランドを揺さぶる破壊的メカニズムとして動き始めている。

日本でも、TV局や新聞社がCGMの新たな波に乗り遅れまいとブログやポッドキャストの配信を行う一方で、ライブドアによるニッポン放送の買収劇や楽天によるTBS株の取得など、新旧メディアの攻防と融合が一層激しくなりつつある。EPICの結末は、NYタイムズ紙がオンラインから撤退するというものだが、今後の日本のメディアとネットの将来を推し量るうえでも、その内容をもう一度検証することは不可欠だろう。

この物語の続編として、2015年までを描いた「EPIC 2015」がある。人々はGPS機能つきのモバイル機器を使い、リアルタイムに映像や音声を含んだ情報を発信するという物語だ。グーグルは今年9月にサンフランシスコ市内のWi-Fiネットワーク構築に資金を提供するという入札申請を行ったほか、ダークファイバーの大量購入、電線を使ったネット通信企業への投資、VoIPの「Google Talk」の公開など、通信事業に乗り出す動きを見せている。PC内のデータだけではなく、ネットワーク全体の情報を収集して検索を可能にするのだろうか。現実は、この物語よりもかなり速い速度で進行していることだけは間違いないだろう。

なお、「EPIC 2014」はクリエイティブ・コモンズの「帰属-非営利同一条件許諾2.1」(本作品の複製、頒布、展示、実演、および、二次的著作物の作成が可能。二次的著作物は、オリジナル作品と同一の許諾条件の下でのみ頒布可能)を採用したことにより、さまざまな言語の字幕付きバージョンのフラッシュムービーが登場した。

[次のページ]
EPIC 2014のストーリー解説