ボイスバンク――日本発のポッドキャストビジネスモデルで世界を驚かせる!

※この記事は『インターネットマガジン2005年12月号』に掲載されたものです。文中に出てくる社名、サービス名、その他の情報は当時のものです。

[日本の注目ベンチャー企業]

日本発のポッドキャストビジネスモデルで
世界を驚かせる!

iTunesの対応で注目されるポッドキャストだが、それ以前から精力的に取り組んできた企業の1つがボイスバンクだ。音声ブログの先駆けとなるケロログの運営やさまざまな企業のポッドキャスト化支援を行うほか、リーダーソフト「アリゲーター」を独自に開発し、ポッドキャストのさらなる普及とビジネス化も目指す。代表取締役社長である木ノ川義英氏に、音声コンテンツへの思いと将来の目標について伺った。

文:仲里 淳(編集部)
写真:渡 徳博

※この記事を誌面イメージでご覧になれます → [バックナンバーアーカイブ検索]

株式会社ボイスバンクのプロフィール

  • 所在地 兵庫県西宮市
  • 設立年月 2001年11月27日
  • 代表取締役名 木ノ川 義英(きのかわ よしひで)
  • 社員数 14名(2005年10月現在)
  • ウェブ http://www.voice-bank.co.jp/
  • 事業内容 ポッドキャスティングシステムやソフトの開発/運用、ウェブビジネスソリューションの企画販売、広告代理業など

ポッドキャストのきっかけはFLASH
ブログシステムを一から開発

―― 取り組んでいる事業の概要をご説明いただけますか。

●木ノ川 基本はウェブやシステムの構築です。特にFLASHを使って音声を扱うことをやってきまして、動画も含めてそういったサイトを作らせてもらっています。データベースとFLASHは面白いと思っていますし、最近ではOS Commerceなどのパッケージを使った販売サイトの構築などをしています。あと今は、やはりケロログの対策が非常に多いのですが、その経験を活かしたポッドキャスト用ASPサーバーのASS販売というのが大きいですね。

最近では、英語教材のアルクさんのポッドキャストもスタートさせました。配信だけではない使い方もしていますが、これはケロログをベースにした考え方ならではのものです。

―― 音声ブログのケロログなども運営されていますが、ビジネスの柱は何ですか。

やはり、実利となるとシステム開発が多いです。VXMLのゲートウェイを代理販売していますが、日本ではNTTくらいしかやっていませんので、そこで安定した収入を得られればと考えています。電話はネットへの入り口となるツールなので、非常に可能性があっていろいろと使えるなと。電話からインターネット上のデータベースにつなげられて、在庫管理やカード決済、音声を録音してデータベースに登録すれば外出先から聞くといったこともできます。

そうしたいくつかのパッケージを考えたときに、わかりやすい例の1つとして、電話から録音したものがネット上にファイルとしてアップされるという音声ブログとして開発したものがケロログなんです。でも、かえってわかりにくかったみたいですけどね(笑)。

製品としては、たとえばキャンペーンなどでアンケートをしたり電話で資料請求を受けたりするためのシステムはすでにあります。それをVXMLゲートウェイと組み合わせて使ってもらえるものも用意してあります。

―― ポッドキャストに取り組み始めたきっかけは何ですか。

日本のポッドキャストの先駆けとなった音声ブログのケロログ。もちろん木ノ川社長自身も精力的に音声発信中! http://www.voiceblog.jp/

以前からVXML関連に興味があって、NTTコミュニケーションズさんのVポータル(VXMLを使った情報提供サイト)に協力していたのですが、やっぱり自分の製品ではないのでなかなか融通が利きません。もう少し自分たちで好きなようにやりたいと思っていたところ、米国のPLUM社というところがいいゲートウェイ製品を出しているのを知りました。僕らもVXMLエディターソフトを開発していましたし、それでやらせてほしいといって日本での独占販売権を得ました。

ちょうどそのころ米国に目が向いていたので、ポッドキャストというものが話題になっていることを知りました。それを見て、うちも似たようなことをやったことがあるなと思って。

FLASHの動画と音声を切り離して、音声だけ使うと非常にレスポンスがいいんです。それをニュースティッカーなどと連動させると、更新してすぐに音声を流すことができるのですが、試しにFLASHの音声ファイルをMP3にして、RSSのタグを.swfから.mp3にしたところ、ファイルが落ちてきたんです。これはブログにできそうだなと思い、最初はMovable Typeを使おうとしたのですが、手直しが効かない。結局、自分たちで作ろうということになって、一からブログを作りました。とはいえ、ブログシステムなんて作った経験がありませんから、最初は「トラックバックって何だ? これ必要なのか?」みたいなことをいっていましたね。

まぁ、ITの人からいわせると、ポッドキャストは技術的にはたいしたことないんですよね。ただ、あるとき放送局に行く機会があって、そこで感じたのは非常にアナログ的な世界だなと。そこで、ポッドキャストというものがあってデータの管理にも便利だという話をしたら興味を持ってくれてコンテンツを一度作ってみようということになりました。

そのあと、いくつかのFM局でポッドキャストを始める際に、お手伝いさせてもらっています。

[次のページ]
震災が契機で触れたネット起業のきっかけは自転車!?