ニューズ・ツー・ユー――情報発信能力の低い日本の企業にネットPRを提供

※この記事は『インターネットマガジン2005年11月号』に掲載されたものです。文中に出てくる社名、サービス名、その他の情報は当時のものです。

[日本の注目ベンチャー企業]

情報発信能力の低い
日本の企業にネットPRを提供

インターネットの普及によって、いまやIT系に限らず多くの企業が、自社の製品やIR、求人情報などを、ネットを使って発信している。ただし、本当にネットを活かした情報発信にはノウハウも必要とされるが、そんな企業のネットPRを支援するのがNews2uだ。「難しいことをやさしく伝える」がモットーの同社代表取締役社長 神原弥奈子氏に、起業のきっかけや将来の展望について伺った。

文:仲里 淳(編集部)
写真:島津 隆雄

※この記事を誌面イメージでご覧になれます → [バックナンバーアーカイブ検索]

株式会社ニューズ・ツー・ユーのプロフィール

  • 所在地 東京都千代田区一番町
  • 設立年月 2001年3月(株式会社カプスとして1993年に創業)
  • 代表取締役名 神原 弥奈子(かんばら みなこ)
  • 社員数 約40名(2005年9月現在)
  • ウェブ http://www.news2u.co.jp/
  • 事業内容 インターネットビジネス支援全般

企業が発信するリリースには
コンテンツとしての価値がある

―― 取り組んでいる事業の概要をご説明いただけますか。

ネットPRというもので、企業が出すニュースリリースを集め、当社が運営するリリースポータルサイト「News2u.net」に掲載すると同時に、ライブドアやgooなど、一般向けのポータルサイトなどにコンテンツとして提供しています。そのほか、オプションのサービスとして、メディアへのニュースリリースの配信や、ニュースリリースの代筆なども行っています。基本的には、ネットのコンテンツとしてニュースリリースをクローズアップしていくところが特徴です。

―― 企業は、新製品やサービスを出すときにニュースリリースを渡して、それを「News2u.net」も含めた適切なメディアに提供していくというものですね。

そうです。現在、約600社の企業に会員登録いただいており、約7000本のニュースリリースがアーカイブされています。

コンテンツは、時系列順、業種別、情報カテゴリー別、企業別等、カテゴリー別に閲覧、検索することができます。例えばIT系のメディア向けにニュースリリースを出す場合は、フラグを立てることでITという情報カテゴリーに振り分けられます。フラグは企業側が自分で設定します。

また、上場企業の情報だけを検索することもできます。ニュースリリースそのものをいろいろな切り口で利用できるサービスだと思います。

他にも、News2uの前身となるカプスの主要事業であるウェブの製作も行っています。

ウェブの目的は、情報をステークホルダーに届けると同時に新たな集客をすることです。そのためには常に新しいコンテンツがないといけないのですが、その部分になかなか手が回らず、立ち上げたままでほったらかしてしまうケースが少なくありません。私たちがこの事業を始めたきっかけは、企業サイトで最も更新すべきところ、つまり「What's New」をうまく伝えていけるようにサポートしようと思ったからです。

What's Newというのは何かが変わったということですから、企業にとってはニュースなわけですよね。ところが今までの発想では、プレスリリースとして発表するものは、プレスにとって価値がある内容じゃないと書いちゃいけないという意識があったと思うんです。それは、プレスが対象読者に価値ある情報を届けるというマスコミとしての使命があったからだと思いますが、インターネットになるとネット上のあらゆるステークホルダーが企業サイトに来てくれます。その企業に関心を持っている人にとっては、マスコミに報じられなくても知りたい情報があると考えています。

What's Newってことは、つまりニュースなんですね。さらに、企業のサイトまで来てWhat's Newを読む人ならその会社を知ってるからいいんですけど、知らない人に対しては、ニュースリリースという形で会社の現在の事業展開や展望といった情報をお伝えする必要があります。

[次のページ]
情報発信能力の低い日本の企業を支援