[東京引っ越し記念対談] ロリポップ――家入一真 × はてな――近藤淳也

※この記事は『インターネットマガジン2004年7月号』に掲載されたものです。文中に出てくる社名、サービス名、その他の情報は当時のものです。

地方で創業した小さな会社が日本のインターネットをおもしろくする!

ロリポップ/株式会社paperboy&co.代表 家入 一真
はてな/株式会社はてな代表 近藤 淳也

低価格な若年層向けレンタルサーバー「ロリポップ」や無料ブログサービス「JUGEM」の株式会社paperboy&co.と、Q&Aサービス「人力検索はてな」や無料日記サービス「はてなダイアリー」の株式会社はてなは、どちらも地方で創業した小規模な会社だが、多くのユーザーの支持を集めている。

家入一真氏と近藤淳也氏

取材・文:宮脇淳
撮影:渡徳博

誌面イメージをご覧になれます → [バックナンバーアーカイブ検索]

東京に来た理由は
……変人が多いから?

――paperboy&co.は福岡が、はてなは京都が本拠地でしたが、この春東京に進出されました。その理由は?

近藤 うーん、特に何かがあるからというわけではなくて、まあ直感で(笑)。創業してちょうど3年経ちましたが、地元で続けるのも1つの手だけど、東京に出てきて何かやれれば、と思って。

家入 うちも今年3年目で、今回GMOとの資本提携の話があったのも東京に来た理由の1つなんですが、そもそも福岡はIT関連企業がほとんどないんですよ。だから、寂しかった……(笑)。すごく置いてけぼり感があったんです。あと、東京は変人がものすごく多くて楽しいです。

近藤 それはありますね(笑)。ただ、僕の場合、京都の街はすごく好きなんです。みんな東京で就職してしまうんですけど、もっと京都にいっぱい若い人が残って、シリコンバレーとまでは言わないまでも、もっと賑わいがあればといつも思っているんですけど現状はいかんともしがたくて。

家入 僕は、福岡にはぜんぜん愛着がないなぁ。

近藤 えっ、ないんですか?(笑)

家入 好きでも嫌いでもないんですよ。レンタルサーバー屋は、ネットさえつなげられればどこでもできますから。福岡だからできたことっていうのも特にないしなぁ……。立ち上げ当初、お客さん用のプレゼントで博多ラーメンを贈ったぐらいですかね。

近藤 うちは逆に、京都にいたからいまがあると思っています。「はてな」以外では、事業の両輪として受託開発をやっているんですけど、地方だからある程度仕事量が抑えられて、自社開発の時間が取れた部分もありますから。いまおもしろいサイトって、地方から出てきていると思うんですよ。もし東京で創業していたら、日銭になる開発の仕事をいっぱい受注しちゃって、いまごろ「はてな」はこの世になかったかもしれません。

[次のページ]
社員を怒らない社長、社員に叱られる社長