はてな―技術屋の誇りと“はてならしさ”を重視して人々のコミュニケーションを支援する

※この記事は『インターネットマガジン2006年3月号』に掲載されたものです。文中に出てくる社名、サービス名、その他の情報は当時のものです。

[企業技術戦略研究シリーズ]
近藤淳也氏
近藤淳也
株式会社はてな代表取締役

技術屋の誇りと“はてならしさ”を重視して
人々のコミュニケーションを支援する

はてなが2001年に立ち上げた「人力検索サイトはてな」は、「質問に対して関連情報が掲載されているウェブページのアドレスをユーザーが教え合う」というサービス。同社は、その後も「はてなダイアリー」「はてなブックマーク」など、ユーザー同士のコミュニケーションを重要視したサービスを次々と展開している。それは、近ごろ話題となている「Web 2.0」を、5年前に先取りした仕組みでもあった。少数精鋭の技術者集団でユニークなサービスを開発すの手法や、こだわる「はてならしさ」について、同社代表取締役の近藤淳也氏に伺った。

インタビュアー:仲里淳
本文:柏木恵子
写真撮影:渡徳博

※誌面イメージをご覧になれます → [バックナンバーアーカイブ検索]

株式会社はてなのプロフィール

  • 所在地 東京都渋谷区鉢山町
  • 設立年月 2001年7月
  • 代表取締役 近藤淳也(こんどうじゅんや)
  • 資本金 2750万円(2006年1月現在)
  • 株式公開の有無 無
  • 社員数 15名(2006年1月現在)
  • ウェブ http://www.hatena.ne.jp/
  • 事業内容
    検索サービス「人力検索はてな」、ブログサービス「はてなダイアリー」、サイト更新チェックサービス「はてなアンテナ」、写真をアップロードできるウェブアルバムサービス「はてなフォトライフ」など、インターネットサービスの開発・運営。これらの各種サービスを企業など に提供するASP事業。

あえて柱を作らない事業モデル

―― はてなのサービスは、オープンソースやオープンスタンダード規格の技術を利用して構築されているものがほとんどです。その中で、はてなにとって技術的に中心となるものやコアコンピタンスは何だということになりますか。

コアコンピタンスを1つにはしぼっていません。技術力はもちろんその1つではあります。ある程度の規模のものを作って動かしていくというのは、いろいろな工夫がなければ無理ですよね。だから、それなりの技術力がうちにはあるという自負はあります。共同作業がしやすいようなフレームワークを作るとか、実装 の方法やどうパフォーマンスを上げるかなど、1つ1つに技術力は必要です。でも、それだけではありません。

現在提供しているサービスの中で、ユーザー数が一番多いものは「はてなダイアリー」です。はてなの原点という意味では、人力検索ということになりますが。ただ、これが特別だという飛び抜けたものはない方がいいというのが僕の考 え方です。1つ1つのサービスには賞味期限というか旬な時期というのがあると思っているので、特定のサービスをあまり恒常的なものと捉えない方がいいという考えが根底にあります。

新しく作るサービスの基準 は「はてならしさ」

近藤淳也氏

―― 社内で新しいサービスを立ち上げたりプロジェクトを具体化したりするときのプロセスに、何か決まりごとのようなものはありますか。

うちは、一番思いを強く持っている人が中心になって集中して作るというのを重んじています。そのプロジェクトのディレクターとしてかなりの権限を与えて、その人がオーナーシップを持って形にしていきます。具体的にどのように仕様書を書くのかといった細かいことはディレクターに任されていて、標準化されたものはありません。サービスの規模に合わせてその都度変わります。

ドキュメントのようなものはほとんど社内になくて、ホワイトボードや白い紙に画面のイメージなどをみんなで描き込むなどしてインターフェイスの設計などをしていると、大体できていくんですよ。「はてなの作り方」みたいなものがあって、すぐに手を動かし始めちゃう。

―― 新しく提供するサービスのカテゴリーも、どの分野のものをと最初から設定しているわけではないのですか。

決めてはいませんが、ユーザーに便利だったら何でもいいとか、お金が儲かれば何でもいいのかというと、そうではない部分もあります。それはあまり明文化されていなくて、強いていえば「はてなっぽい」かどうか。「はてなっぽい」というのは、たとえば人力検索で回答するのは機械ではなくて人だとか、キーワードの便利な辞書を作るのはダイアリーを作ってるユーザーだとか。

―― これは「はてなっぽくないな」と判断されるのはどういうときですか。

たとえば、はてな自身が編集をするものはあまりないですよね。

はてなが提供しているサービスは今、月間4億ページビュー以上ありますが、はてなが編集した文章というかコンテンツは、メールマガジンとか告知日記のようなものしかありません。基本的に、すべてユーザーが自ら作ったものです。「月に何百万ページビューも読まれるような面白いコンテンツを作ってユーザー数を伸ばそう」といったやり方はてならしくないと思っていて、編集することを前提としたサービスはほとんどありません。

―― それは、ユーザーに対してはてなの考えを押し付けるようなことはしたくないということでしょうか。

もしかすると、そういうことなのかもしれません。もしくは、自分たちが作るとなると、アクセスを増やそうと思ったらひたすら編集量を増やしていくしかなくなるので、それは大変そうだなと思っているだけかもしれませんけどね(笑)。

[次のページ]
5年前からWeb 2.0的だった人力検索